新築の一戸建を購入する際に必要な費用

気兼ねなく自分らしい空間を追求できる持ち家、特に一戸建の家は、やっぱりあこがれるものですね。マンションや賃貸住宅だと駐車場の台数を増やせば増やすほど駐車場料金が発生しますが、一戸建なら好きなだけスペースを取ることが出来ますね。様々なこだわりを盛り込みたい、そして最新の耐久性や設備を求めるならやっぱり新築がおすすめです。とはいえ新築の購入時に一番気になるのが費用のことですね。まず必要になるのが土地代とその購入に関わる諸経費、そして建物代として建築材料費に設計費、各種申請料がかかってきますね。これは広さや設備の内容によって大きく差があります。さらに水道加入代約20万円、登録免許税約10万円ほどがかかります。地鎮祭などの催事費用等も合わせますので、結構な諸経費がかかってきますね。

新築の一戸建を選ぶメリットを見てみましょう

新築の一戸建てが選ばれる理由は様々にあります。まず何といってもすべてが新しいこと 特に水回りが新品だと、新しい暮らしの始まりへの喜びが増しますよね。新しい設備が手に入ると、お掃除や美しい空間づくりへのモチベーションも高まります。また新築の建物には10年保証が付いていたリ、住宅設備には2~3年のメーカー保証がついているのも安心です。また、耐震性や構造に最新の技術を用いている点も新築ならではのメリットです。ここ数十年で起きた様々な大地震を上回る耐震基準にしているため、過去に耐えられた住宅よりも安心感が大きいといえます。さらに注文住宅であれば、何といっても好きな間取りを選べるということが最大の魅力。楽器が好きな家庭なら防音設備を手厚くしたり、料理が趣味ならキッチンを住宅のセンターにしてみたり広くスペースを取ったり、大きなお風呂が憧れならバスエリアをたっぷり広くしたり。住まいづくりを楽しめます。

新築の一戸建てを購入する時のポイントは?

新築の一戸建を購入しようと思い立ったら、まず自分のライフスタイルを多方面でチェックしましょう。まずは、本当に一戸建である必要があるのか。今も、そしてこれからも家族でしっかりと家を活用できるのであれば、ぜひ新築の一戸建をおすすめします。さらに、資金の問題。やはり一生で一番大きな買い物となりますし、ローンでお金を借りれば借りる程利息への支払いが大きくなり、場合によっては家計に影響が出る事もあります。自分が住みたい立地にどのような家を建てればどれくらいのコストがかかるのか、そしてそのためにはどれくらいの資金を準備する必要があるのかをよく検討しましょう。ポイントは、自分の年収に見合った予算を割り出すことです。ローン相談などで事前に相談しておくのも良いですね。さらにローンの金利も良くチェックして。金利が1%上がるだけで数十万、数百万の差がでるのが住宅ローンです。しっかり確認しましょう。