新築の一戸建を購入するプロセス

新築の一戸建を購入するプロセスには大きく分けて2つのパターンがあります。1つ目は既に完成している建売の分譲住宅を購入するケース。折り込みのチラシや地元の不動産屋で紹介されていることも多く、実際に現地に足を運び、内覧することができます。日当たりや周囲の環境等も直に見ることができるので、情報の入手はしやすいです。2つ目は住宅展示場等で各メーカーに注文住宅として設計から建設を依頼するケース。各メーカーの特長や予算、間取り等を吟味した上で、土地の保有がない場合は立地から検討します。建売に比べて手間も時間もかかりますが、自分たちの希望やオプションの実現には一番の近道になります。住宅ローンの関係で、一般的には注文住宅よりは分譲住宅の金額が安価にはなりますが、分譲住宅の場合は取扱いの銀行が決定しているケースもあるので、予め確認することが重要です。

新築の一戸建購入の際に気を付けたいこととは?

新築の一戸建購入については、様々なメディアから溢れるほどの情報が入ってきます。頭金は?ローンの借り入れ可能額は?支払いの妥当な金額は?等々、専門家が並べ立てていることは少々難しく感じられます。新築で一戸建を購入する際、一番に気をつけなくてはいけないことは何か?それは生活の優先順位をどこに持ってくるかという事です。家を購入したばかりに、支払いに追われて家族が働き詰めで、一家団欒の時間もない。子供の為にと思って購入したが、金銭的な余裕がなく家庭内がギスギスしてしまう。そのような状態では本末転倒です。自分たちの生活では何が最優先か。予算はどの程度用意できるのか。そのためにはこれからどのような生活になっていくのか。時間をかけてゆっくり情報収集を行い、比較検討していくことがとても重要になります。

新築の一戸建て購入のメリットとデメリット

新築の一戸建て購入は多くの人の夢や憧れです。自分の財産でもあり「我が家」という確固たる場所。「少々大変な思いをしてでも」と購入の検討をする人はとても多いです。価値観や生活スタイルで若干の差異はありますが、メリットとデメリットを紹介したいと思います。最大のメリットは自分の財産として、所有することができることです。子供がいるご家庭には、子供達に財産として遺してあげることができる財産の1つになります。またリフォームやリノベーション等を自由に行う事ができるのも持ち家のメリットです。デメリットとして気をつけなくてはいけないことは、立地の環境です。近年ではご近所同士のトラブルが深刻化するケースがあります。賃貸とは異なり、一旦建ててしまった以上、簡単に引っ越すことはできません。ロケーションだけではなく、実際の生活目線で購入を検討する必要があります。